あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します!

2018年1回目の記事は、現在急上昇中&要注目の仮想通貨「TRON」について、記載していきたいと思います。

TRON(トロン)の概要

公開日:2017年8月
公式サイト:https://tron.network/en.html?from=1
発行数量:1,000憶TRX(2017年1月時点で約100億XVGが発行済み)
通貨単位:TRX
時価総額:約5,900億円(2018年1月上旬時点)(第14位)
コンセンサスアルゴリズム:Proof-of-Replication
創業者:Justin Sun(ジャスティン・サン)
主な取引所:Binance(バイナンス)
ツイッター:

TRON(トロン)は非営利団体のトロン財団(シンガポールで設立)が開発している、世界的な無料のコンテンツエンターテインメントシステムを構築することを目指すブロックチェーンベースの分散型プロトコルです。

また、トロン財団のCEOは中国の音楽ストリーミングサービス「PEIWO」(ユーザー数は1,000万人)のCEOでもあるジャスティン・サン氏です。

TRON(トロン)の始まりはBinance(バイナンス)でのICOで、なんと30秒で完売するという人気ぶりでした。マイニング大手のビットメイン社のジハン・ウー氏(詳しくは「ビットメイン(Bitmain)のCEO ジハン(Jihan)~ビットコインの1/4をマイニングする男~」の記事を参照)が投資していたことから人気に火がついたようです。

TRON(トロン)の特徴

TRONのコンセプトは、作成したコンテンツをブロックチェーン上にアップロードを行い、世界中のコンピュータで分散管理することです。

TRONネットワークの維持に貢献する人をマイナーと呼び、マイナーはストレージ提供により報酬(TRX)を得られます。

また、TRXを持っていれば誰でもTRONのネットワークに加入することができ、ネットワークに加入すれば誰でもコンテンツをアップロードしたり、閲覧したりすることができます。コンテンツをアップロードしたり、閲覧したりする際に、手数料としてTRXを支払います。

平たく言うと、非中央集権型(Google等の管理者がいない)YouTubeのようなものだと言えます。

現在のYoutube等の中央集権型のプラットフォームの問題点は、プラットフォーム側(YouTubeならGoogle)が利益を得すぎていることや、広告収入に収益を依存していることが挙げられます。

そのため、クリエーターがあまり儲からないため(クリエーターだけで生活できる人はわずかなため)、優秀なクリエーターが集まらなくなってしまったり、質が高いコンテンツよりも、広告をクリックしてもらいやすいコンテンツの方が価値が高くなってしまったりしています。

つまり、TRONはクリエーターの保護を行って、優秀なクリエーターが多数出てくることを促進し、広告収入に収益を依存しないことで、本当に質の高いコンテンツを提供できる非中央集権的な(皆で管理する)TRXを基軸にした経済圏を作ろうとしていると言えます。

TRON(トロン)のロードマップ

TRON(トロン)はイーサリアム(ETH)のように、6段階のアップデートのロードマップがあります。

1. エクソダス(2017年8月〜2018年12月)

分散コンテンツに基づいたアップロード、保存、および配布の仕組みを作る(分散型ストレージの土台を作る)。

2. オデッセイ(2019年1月〜2020年6月)

コンテンツの提供者は適切なリターンがもらえるようになる(TRXをTRONネットワーク上で使えるようにする)。

3. グレートボヤージュ(2020年7月〜2021年7月)

ブロックチェーン技術を使って、コンテンツ提供者の所得の測定、TRX保有者への配当の支払い、サポーターの管理の3つの主要な問題を解決する。

4. アポロ(2021年8月〜2023年3月)

各コンテンツの製作者が、TRONネットワーク上で発行できる「独自トークン」関連の開発期間。

5. スタートレック(2023年4月〜2025年9月)

ゲーム開発者が、TRONを通じて自由にオンラインゲームプラットフォームを構築する(コンテンツのブロックチェーン化を実現する段階)。

6. エタニティ(2025年9月〜2027年9月)

ゲーム開発者が、TRONを通じてゲームプラットフォームを自由に設計し、ゲーム開発のための資金を確保し、投資家がゲームに投資することを可能とする(ビデオゲームをブロックチェーン上に展開する段階)。

TRON(トロン)の全期間のチャート

それではTRON(トロン)の全期間のチャートを見てみましょう。

(出典:Cryptocurrency Market Capitalizations

ICO直後から2017年12月初めまでは、1TRXが約$0.002(約0.2円)とずっと横ばいでしたが、12月中旬から突如として上昇し、なんと2017年12月21日には約$0.067(約6.7円)まで30倍以上の大幅な上昇となりました(1月5日には$0.25(約25円)まで上昇しています)。

それではなぜ突如としてこんなにも上昇したのでしょうか。

TRON(トロン)の上昇理由は?

これだけ価格が上昇すると、なぜなんだと理由を探りたくなります。その中でも理由となりそうなものをいくつかピックアップしました。

12月22日にOKEx(香港の取引所)に新規上場

OKExは、1日に2,000億円以上の取引高がある世界有数の取引所です。その取引所に上場するということで、12月21日に$0.067まで上昇したと考えられます。

ライブストリーミングサービス「PEIWO」に導入

1,000万人以上のユーザーがいるというライブストリーミングアプリの「PEIWO」でTRONが使用されるという発表もありました。しかし、こちらのアナウンスは10月であるため、そこまで価格形成に大きな影響を与えたとは言えないでしょう。

CEOのJustin(ジャスティン)がTRONの有名企業との提携を示唆

2018年1月にCEOのジャスティンがNASDAQ(アメリカの新興市場)上場企業やユーザー1億人以上のサービスを持つ巨大企業との提携をほのめかしています。これを受けて、さらにTRON(トロン)の価格は上昇しました。

日本の取引所への上場も間近!?

TRON(トロン)のCEOのジャスティンは、12月中旬に日本に上陸しています。

その際にTRON(トロン)の日本の取引所への上場についても話したと思われ、日本でもTRONが上場するのでは?という思惑で価格上昇している可能性もあります。

TRON(トロン)はどこの取引所で買えるのか?

TRONについては、残念ながら今の所日本の取引所では取り扱っていません。

そのため、現在利用者が急上昇しているBinance(バイナンス)で購入するといいでしょう。

Binance(バイナンス)は手数料もリーズナブルなため、非常におすすめの取引所です(詳しくは「Binance(バイナンス)取引所で様々なアルトコインを取引しよう!~ビットコインダイヤモンド等のハードフォークにも柔軟に対応~」の記事を参照)。

Binance公式サイトからTRON(トロン)を買ってみる♪
(こちらのボタンをポチッ♪)

それでは☆

ブログランキングに参加しています。応援(次のボタンをポチッ)よろしくお願いします!
仮想通貨ランキング