こんにちは。

本日(2017年10月24日(火))のAM10:20(JST)頃にビットコインゴールド(BitcoinGold)のハードフォークが起きました。

そして、ビットコインゴールドの取引が既に始まっているようなので、どの程度の初値がついたのか、その分どの程度ビットコインが下がったのかについて記載していきたいと思います。

(2017年11月10日(金)追記)

なかなか国内の取引所では割り当てられなかったビットコインゴールド(BTG)ですが、ビットコインゴールドの公式サイトより、ローンチの日時が発表されました。

11月12日(日)19時(UTC)(日本時間13日(月)の深夜4時)です。 国内の取引所については、ブロックチェーンが安定した後に順次取扱いが始まるでしょう。

We’re thrilled to announce a start date to the community:

November 12, 2017 – 7:00 PM (19:00 UTC)

At this point, we will provide the Bitcoin Gold full node client download on our website. The BTG blockchain will officially be live, with blocks mined openly by users and pools from all around the world.

(出典:ビットコインゴールド公式HP

ビットコインゴールド(BTG)の初値は?

こちらは、海外の取引所「Yobit.net」でのビットコインゴールドの本日のチャートになります。

(出典:Yobit.net

0.001ビット(約650円)から始まって、0.2ビット(約130,000円)まで値上がりし、0.08ビット(約52,000円)前後で落ち着いています。

初値からおよそ80倍になっており、予想以上に値上がりしていますね。プレマイン(通貨の流通前にマイニングをすること)を行っている運営側はかなりの利益が出ているのでしょう。

セキュリティ面は大丈夫なのか?きちんとした価格がつくのか?といった懸念材料がハードフォーク前からくすぶっていたことを考えると、予想以上の価格がついていると思います。

(2017年10月26日(木)追記)

10月24日(火)時点では0.08ビット(約52,000円)前後でしたが、26日(木)には0.04ビット(約26,000円)まで下落しています。

国内の取引所の付与日は11月1日以降なので、付与日までにBTGのさらなる下落の可能性があると思われます。

(出典:Yobit.net

(2017年10月27日(金)追記)

27日(金)には0.03ビット(約20,000円)まで下落しています。

(出典:Yobit.net

(2017年10月31日(火)追記)

いよいよ明日以降に国内の取引所ではBTGが配布されますね!31日(火)時点では約0.035ビット(約24,000円)です!

そこそこ、いいお小遣いにはなりそうですね!ビットコインも69万円近くまで回復してきました。

 

Bitfinexでも取引量は少ないですが、取引が行われているようなので、チャートを確認してみました。

(出典:Bitfinex

正直なところ、あまり参考にならないと思いますが、0.95ビット(約620,000円)で取引がされたようです。

ほとんど出来高がないので、Yobit.netの方を参考にしたほうがいいかと思います。

ビットコイン(BTC)の価格はハードフォーク後にどうなったか?

BTGは現在の所は、約5万円の価値がついているようですが、一方ビットコインの価格はハードフォーク後にどうなったのでしょうか?

見づらい方はこちらをどうぞ。

見て頂くと、AM10:20頃から急落しているのが分かるかと思います。

AM9:00頃には約670,000円でしたが、ハードフォークが起きたAM10:20頃には約630,000円まで約6%下落しました。

結果だけ見ますとBTCは約40,000円下落しましたが、BTGは約50,000円の価値が生まれたので、約10,000円がプラスになったというところでしょうか。

ただし、国内の取引所ではまだビットコインゴールドが配布されていないため、多くの方がまだBTGの取引を行えない状況かと思います。そのため、ビットコイン保有者がハードフォークによって本当に利益が得られたかどうかの判断は、11月1日以降の付与日までどのような値動きがあるか次第ということになります。

ビットコインキャッシュ(BCH)の初値とその後の値動きはどうだったか?

正直、コインの性質やマイニングパワーも違うため、一概に比較はできませんが、2017年8月1日(火)にハードフォークしたビットコインキャッシュの値動きはどうだったのかについて、参考に見ていきたいと思います。

見ずらい方はこちらをどうぞ。

ビットコインキャッシュは上場後、10万円以上に値上がりをしたのですが、その後価格が落ち着いていき3万円~4万円くらいを推移しています。

ビットコインゴールドも国内の取引所に上場後に一瞬は10万円くらいの価格をつける可能性はあり、そこで売却するのがベストな気が個人的にはしています。

ビットコインの価格はsegwit2xのハードフォークまでどのようになっていくのか?

ビットコインゴールドのハードフォークが行われた今、人々の関心はビットコインの価格が11月のsegwit2xのハードフォークまでどうなっていくのか?ということかと思います。

こちらについては、正直どうなるのかはわからないのですが、ツイッターで今後の値動きの予想があったりしたので、シェアさせてください。

ビットコインは大きな波を打って、上昇しているので、また50万円近くまで下落してそこから、一気に100万円を目指すというパターンは私もあり得るかなとは思っています。

ただ、個人的にはビットコインゴールドについて、それなりの価格(5万円前後)が安定的に形成されればsegwit2xへの期待感から大きくは下落せず80万円に向けて上昇していくチャートもあるとは思っています。

とにもかくにも国内の取引所にビットコインを預けている方は、11月1日以降のビットコインゴールドの付与を待ちましょう。

それでは☆

ブログランキングに参加しています。応援(次のボタンをポチッ)よろしくお願いします!
仮想通貨ランキング