こんにちは。

本日は、ビットコインン開発で先頭を走るブロックストリーム社(Blockstream)について、記載していきたいと思います。

ブロックストリーム社の概要

設立:2014年
CEO:アダム・バック(Adam Back)
本社:モントリオール(カナダ)
事業内容:ビットコインのサイドチェーンの開発
備考:76百万ドル(約80億円)を投資家から調達
ホームページ:https://blockstream.com/about/

ブロックストリームとは、ビットコインの2ndレイヤーであるサイドチェーンの開発を手掛けているカナダの企業です。

以下は、ブロックストリームのホームページに記載してある文章です。

Blockstream’s primary area of innovation is in sidechains, a technology invented to extend the capabilities of Bitcoin’s blockchain. Sidechains create the opportunity for new models of trust, extending and improving upon the properties of Bitcoin.
(出典:ブロックストリーム公式ホームページ

ちなみにサイドチェーンとは、ビットコインの取引データを利用しつつ、ビットコインのブロックチェーン外で、ペイメント処理を行うネットワークのことです(サイドチェーンの1つがライトニングネットワークです)。以前記事にした「ライトニングネットワークについてわかりやすく解説!〜ビットコインをもっと便利に〜」も参考にしていただけると嬉しいです。

ライトニングネットワークをイメージ図にするとこんな感じだそうです。

(出典:ブロックストリーム公式ホームページ

このサイドチェーン使用する最大の目的はマイクロペイメントと呼ばれる1円以下の決済を行うことです。これができると機械同士がネットワーク上で決済をすることができるという、今は信じがたいことが実現するようです。

また、ブロックストリーム社のCEOであるアダム・バックは、ビットコインのコンセンサスアルゴリズムである「proof-of-work」を1997年に発明した暗号学者としても知られているようです。

さらに、ビットコインのオープンソース・プロジェクトである「Bitcoin Core」の主要開発者が所属することでも知られています。

ジハン・ウー率いるビットメイン社との関係性

前回記事にしたジハン・ウー率いるビットメイン社とブロックストリーム社の関係性について、記載しておきます。

以前の記事「ビットコインが11月にもハードフォークの可能性~Segwit2X(セグウィットツーエックス)への批判~」でも少し記載しましたが、ビットメイン社は、8月1日のビットコインのハードフォークを主導したと言われています。

一方、ブロックストリーム社はビットコインのSegwit導入を主導しました。

ビットメイン社は、自社の特許技術である「Asic Boost(マイニングに必要な電力を30%程度抑えることができ、また計算の効率を30%アップすることができる技術)」が、Segwitを導入することで使えなくなる恐れがあるため、Segwitに反対し、ハードフォークを起こしました。

ブロックストリーム社としては、ビットコインのサイドチェーンの実装をするためには、トランザクション展性の問題を解決しなければならず、解決策であるSegwitを導入したいという立場です。

そのため、ビットメイン社とブロックストリーム社は、激しく対立しました。

ジハン・ウーは、ブロックストリーム社が創設されてからビットコインは政治的になったとも発言しています。

Jihan:
僕はこれまでのことはわからないけど、Blockstreamが創始されてからコミュニテイ全体は政治的だったと思う。僕はコミュニテイを支えているのはBlockstreamだと思っているよ。彼らは従業員を雇って管理できるし、彼らに反対する会社や個人を攻撃できる。
(出典:ビットコイン情報の BitBiteCoin

いかがでしたでしょうか?

本来は「非中央集権的」であったビットコインに政治色が強くなることは本当に残念なことだと個人的には思っています。しかしながら、このような絶対的権力というものが存在しない場合に、どのように管理していくかということは非常に重要な問題ですね。

ビットコイン、知れば知るほど奥が深いです。

それでは☆

ブログランキングに参加しています。応援(次のボタンをポチッ)よろしくお願いします!
仮想通貨ランキング