こんにちは。

本日(2017年9月17日)は、台風で外に出れませんね。
私も本来は、旅行でも行こうかなぁなんて思っていたのですが、台風が来るということで事前にキャンセルをしました・・・涙

こちらは気象庁のHPから抜粋したのですが、本日夜9時ごろに関西、明日の夜中3時ごろに関東に近くづくようですね。

さて、ビットコイン相場も嵐が吹き荒れそうですね。

ビットコイン相場 2017年9月17日

見づらい方はこちらをご覧ください。

中国の取引所から海外への取引所へのビットコイン送金規制及び中国国内でのマイニング規制の観測から、もっと下落すると思ったのですが、思った以上に横這いですね。

昨日(2017年9月16日)の22時ごろに一回37万円台に行ったのですが、その後また回復しました。

この後の動きも要注目です。

NEO(ネオ)をわかりやすく解説!〜中国版イーサリアム〜

NEO(ネオ)

公開日:2016年10月
公式サイト:https://neo.org/#
発行数量:1億NEO(2017年9月時点 50万NEO)
コンセンサスアルゴリズム:DBFT(Delegated Byzantine Fault Tolerant)

NeoGas(ネオガス)

公開日:2016年10月
公式サイト:https://neo.org/#
発行予定数量:1億GAS(2017年9月時点は約8百万GAS)
※マイニングによる新しいブロック作成ごとに発行され、22年ですべて発行予定

NEO(ネオ)の概要

NEO(ネオ)は公開時は「アントシェアーズ(antshares)」という名称でした。それを2017年6月にNEOに名称を変更しています。

中国で初めてのパブリックブロックチェーンであり、パブリックブロックチェーンで有名なイーサリアムに似せて、中国版イーサリアムなどとよく呼ばれています。

こちらはアントシェアーズが公開される前に、運営元から発表された動画です。

英語で理解しづらい方もいると思いますので、日本語に訳しましたので、ご覧ください。

「みんなが平等な世界を思い浮かべて見てください」
「私たちは信じています。お互を共有し、働けることを」
「あなたは、それはユートピアのような夢と思うかもしない」
「だけど、ブロックチェーン技術の誕生は、その願いに火をつけた」
「ブロックチェーン技術は、未来に穴をあけたんだ」
「最先端の暗号やコンセンサスアルゴリズムを使うことによって、」
「国境を超えた大きなスケールの人々の協力が、」
中央集権権力なしで、できるようになったんだ」
「エコノミストは、ブロックチェーンのことを、トラストマシーンと呼んでいた」
「この強力なマシーンをもって」
「もっといい世界ができるんだ」
「だから私たちはアントシェアーズをつくった」
「アントシェアーズは分散ブロックチェーンプロトコルです」
「物理的な世界の資産や時間を、デジタル化し、交換することができるんだ」
「アントシェアーズのネットワーク上で、peer to peer(通信相手が、他の通信相手に対して対等にデータの提供および要求・ アクセスを行う自律分散型のネットワークモデル)でできるんだ」
「アントシェアーズは、クラウドファンディングを含む様々な場面で使用することができます」
peer to peer の貸付けや
デジタルアセットの交換や
ロイヤルティのプログラムや
サプライチェーンファイナンシング(購買・生産・販売の中で、必要な資金をタイムリーかつ低廉な金融コストで提供すること)や様々な場面で使用できます」
「商業的な価値は、テキストメッセージを送るくらい簡単に移動できるんです」
「起業家の成功も簡単にシェアできるんです」
「私たちは、ブロックチェーン技術は世界をより良くすると信じています」
「人々が蟻たちが働くように、協力し合うことができるんです」
「人々が協力し合えば、未来は無限に広がるんだ」
「私たちはアントシェアーズです。私たちはドリーマーだけではなく、メイカーでもあります」
「私たちはあなたたちがいつの日か私たちに参加してくれることを信じています」
「一緒に勇気ある未来を作るでしょう」

このビデオを見ていただくとわかると思うのですが、イーサリアム同様、スマートコントラクトが採用され、契約についてもブロックチェーン上に書き込むことができます。スマートコントラクトについては「イーサリアム(Ethereum)ってなんなの?」も参考にして見てください。

また、ビットコイン同様、非中央集権的な通貨というのを売りにしています。私自身、リバタリアン的な気質があるので、このようなコンセプトには、共感できます。

Neo Gas(ネオガス)の概要

ネオガスとは、ネオをマイニングした際に支払われる報酬のことです。

マイニングすると発行され、マイナーに支払われます。上限は1億GASですが、マイニングされたことによる発行数は2017年9月時点では、約8百万になります。

22年間で1億GASが発行される予定ですが、その後のマイナー(マイニングしている人)の報酬は送金手数料になる予定です。

また、「NEON Wallet」に送金すると、保有者にGASが配当されます(詳しいやり方は動画を参考にしてみてください)。

NEO(ネオ)とNeoGas(ネオガス)の相場

CryptoCurrency Market Capitalizationによると本日(2017年9月17日)時点では、時価総額において、ネオが10位、ネオガスが58位となっています。

 

また、NEOは上場したての頃は30円程度でしたが、現在では2,000円程度まで上昇しています(約66倍!)。

ただし、中国のICO規制取引所停止の影響でどうなるのか?今後注視が必要です。

コンセプト自体(中国版イーサリアムであり、非中央集権的なコンセプト)は非常にいいものですので、是非生き残って欲しくもあります。

NEO(ネオ)はどこで買えるの?

現在、NEOを購入できる取引所は以下のとおりです。

NEOは日本の取引所では扱っていません。そのため、ビットフライヤー等でビットコインを購入後にBittrex等へ送って購入することができます。Bittrexはアメリカの大手取引所であり、信頼感はあると思います。

まずは、ビットフライヤー等の口座を開設してみてください(開設しておかないといざ!という時に買えないので、購入予定がない方も開設だけは早めにしておくことをおススメします)。

口座開設についても「ビットフライヤー(bitFlyer)でのビットコインの購入手順」で詳しく記載しています。

それでは☆

ブログランキングに参加しています。応援(次のボタンをポチッ)よろしくお願いします!
仮想通貨ランキング

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で