こんにちは!

紅茶こぞうです。

前回はダイビング中の動画も載せた「リップル(Ripple)ってなんなの?」にて、リップルをご案内しましたが、今回はこれまた有望な仮想通貨のネム(NEM)をご紹介させていただきます。

ネムのキーワードは、「プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance)」と「ハーベスティング(Harvesting)」となります。

プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance)

仮想通貨のNEMは「New Economy Movement」の略称になります。つまり、新しい経済を作る運動になれば、という理念をもって、作成されました。

その理念を追求するため、ネムでは、プルーフ・オブ・インポータンスというコンセンサスアルゴリズムが用いられています。

ビットコインとイーサリアムでは、どのようなコンセンサスアルゴリズムが用いられていたか覚えていますでしょうか?

ビットコイン:プルーフ・オブ・ワーク…大量の電気を使用して取引記録の承認作業をした人がビットコインをもらうことができる。→一部の大規模な電気とコンピュータの所有者がたくさんビットコインをもらえる仕組み。

イーサリアム:プルーフ・オブ・ステーク…所有しているイーサリアムの保有期間と保有数に準じて、マイニング報酬に変動がある。→イーサリアムをいっぱい持っている人がたくさんのイーサリアムをもらえる仕組み。

これに対して、ネムでは、ネムの残高だけでなく、取引の頻度によってマイニングの報酬が変わります。
これをプルーフ・オブ・インポータンスといいます。つまり、ビットコインやイーサリアムと違って、ただ単にたくさんの資本をもっていればマイニング報酬がたくさんもらえるわけではなく、たくさんネムを使って取引を行なっている人にたくさんマイニング報酬を払いますよ!ということです。つまり、ネムの保有残高が少なくても、積極的にネムを使っていればマイニング報酬を得られるので、一般的にネムは「富の再配分」を目指していると言われています。

これが、ネムの「New Economy movement」という理念追求を支えているプルーフ・オブ・インポータンスになります。

ハーベスティング(Harvesting)

ハーベスティングとはビットコインでいうマイニングのことを意味します。

上記のプルーフ・オブ・インポータンスで記載しましたように、ネムネットワークへの貢献度によって、ハーベスティング報酬が変動します。

また、ハーベスティングには、PCを立ち上げたまま行うローカルハーベスティングとPCをオフしてスーパーノードへの委任(デリゲート)型のハーバスティングの2種類があります。

ハーベスティングは10,000XEM以上持っていないとできませんので、ご注意を!

具体的なハーベスティングの設定はこちらのサイトがわかりやすく記載してありましたので、シェアさせてください。

なお、ローカルハーベスティングは大変なので、基本はデリゲート型のハーベスティングになるかと思います。

COMSA (番外編)

実はNEM、2017年8月にかなり暴騰しました(1XEM18円→30円)。

この暴騰、テックビューロ(取引所Zaifの運営元)が行うICO(株式投資でいうIPOのようなもの)への期待によってもたらされたと考えられています。

NEM、イーサリアム、ビットコインのブロックチェーンとNEMのブロックチェーン技術をもとに開発されているmijinを連動させて、テックビューロが発行するCOMSAというトークン(他の通貨のブロックチェーンを利用した通貨)を保持させる予定となっています。

そして、このCOMSAというトークンはその後の日本で展開されるICOへ応募する際に利用できるという点で非常に有望となっています。

NEM財団の理事にCOMSAの発行元であるテックビューロ社長の朝山氏が名を連ねており、その期待感からNEMが暴騰したと考えられます。

こちらのCOMSAトークンのICOなのですが、2017年10月2日からプレセールが始まります。
非常に有望なICOなので、少しでも興味がある方は是非参加してみてください(参加にはCOMSA公式サイトから事前登録が必要)。
いやぁ、でもなあ、、とお考えの方も登録だけは無料なので、COMSA公式サイトから登録してみてください。

NEMを買うならZaifがオススメ!

もし、興味持たれてNEMを買ってみたい!という方がいればZaifがオススメです。

というのも、Zaifでは販売所ではなく取引所でNEMが買えるからです。

販売所と取引所の違いがあやふやな方は以前の投稿「ビットフライヤー(bitFlyer)でのビットコインの購入手順」をご覧ください。

コインチェックでも買えるのですが、販売所となりますので、手数料が2%程度必要となります。

そのため、是非、Zaifに登録してみてください。

Zaif公式サイトからネムを買ってみる♪
(こちらのボタンをポチッ♪)

それでは☆

ブログランキングに参加しています。応援(次のボタンをポチッ)よろしくお願いします!
仮想通貨ランキング